屋根塗装

■ 人知れず塗膜の劣化が進む屋根……その状態はご存知ですか?

屋根が「どれだけ劣化しているか?」ということをしっかりと把握できていますか?

屋根は外壁以上に直射日光や雨の影響を受けるため、塗膜の劣化が激しい場所。
前回の塗り替えから10年以上経過している場合、確実に劣化は進んでいるので要注意。

「今まで屋根なんてじっくりと見たことがない」という方も、今すぐにでも自分の目が届く範囲だけでもご確認ください。
もし、雨漏りがする、屋根が割れている、屋根にコケやカビなどの汚れ、色のバラつきや色あせが目立つ、金属部分の腐食が多数見られる……などの症状が見られたら屋根塗装を検討しましょう。

■ 屋根塗装の劣化を放置しているとどうなる?

屋根塗装の劣化を放置していると、外壁同様、建物内部に雨水が浸入するようになります。

建物内部に雨水が浸入すると外壁内部の劣化が進行し、建物自体が徐々に腐食。
そうなると、コンクリートに含まれるセメント成分が、中性化して本来あるはずの強度を失ってしまいます。

また、雨漏りが進行して湿度が高くなると、シロアリ発生の原因となることも。
シロアリに食い荒らされてしまうと最悪の場合、建て替えなどの大規模な工事でしか対処できなくなってしまいます。

屋根は外壁とは違って真上から直接雨の影響を受けるため、その被害が拡大するスピードも早いです。
長く住むためにも適切なタイミングで塗り替え工事を行ないましょう。

【代表直通】 090-6372-2952
【電話番号】 0796-42-5104
【受付時間】 8:00~18:00
【定休日】 日・祝(現場によって対応可)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 但馬・丹波エリア(他エリアの方もご相談ください)

一覧ページに戻る